MENU

つきなが氏が盗作疑惑?!WEB小説パクリで謝罪も炎上!経緯まとめ

つきなが氏が盗作疑惑?!WEB小説パクリで謝罪も炎上!経緯まとめ

2022年4月2日、WEB小説の同人誌作家である「つきなが」氏が話題になっています。

というのもつきなが氏の作品がすでにある作品のパクリ疑惑が浮上しているためです。

つきなが氏の盗作疑惑や事の経緯、パクられた作者などについて情報をまとめていきます。

目次

つきなが氏に盗作疑惑?経緯まとめ

つきなが氏のパクリ疑惑が浮上したのは、読者からの指摘が上がったことが発端だったようです。

つきなが氏は2022年4月1日の午後11時半頃に、パクリ疑惑について把握し、盗作元の作者本人と話し合いを持つ意向をツイートで発表しました。

つきなが氏の盗作疑惑について、誰が指摘したのかは明らかにされていませんが、パクられた作者本人とつきなが氏がDMでやり取りをしていることを明かしています。

謝罪するも、どこか他人事でさらに炎上

パクリ疑惑発覚ツイートから数時間後の4月2日午前0時半ごろに、Twitterでつきなが氏が謝罪ツイートを発表しました。

つきなが氏は謝罪文の中で

  • 盗作された作者に対して謝罪をしたこと
  • 盗作元とされる作品を読んだことがあったこと
  • 読んだ内容を覚えていたという認識で、盗作した認識はなかったこと
  • 盗作疑惑の作品の販売を取り下げたこと
  • 希望者には返金すること

などについてコメントしています。

ですが、つきなが氏の謝罪文を発表し、その後「これ以上の拡散はご遠慮いただき」とツイートをしました

そのツイートに対し、Twitterでは呆れの声が浮上

これがやらかした側ってマジ? どんな育ちをしたらこんな……

キャラ以外全コピーにしか見えませんが、盗作した側が言っていいことではないですよ、拡散しないくださいとか。

盗作側が拡散しないでは、盗人猛々しいとしか……。

その結果、炎上することとなってしまいました。

つきなが氏にパクられた作者は2人

つきなが氏の盗作疑惑については、パクられた作者が現時点で少なくとも2人はいることが分かっているようです。

パクられた作者①ささぬま氏

まず1人目のパクられたとされる作者は「ささぬま(@sasa31ka)」さんです。

つきなが氏がパクリを指摘された作品『ロマンティックは砕けない』は、ささぬまさんの書いたWEB小説の盗作と言われているようです。

実際につきなが氏が御本人と連絡を取っているとTwitterで発表していた作者が「ささぬま」さんのことだったようです。

ささぬまさんのTwitterアカウントは、つきなが氏のパクリ疑惑が影響したのか、現在は非公開になっています。

つきなが氏の盗作疑惑作品『ロマンティックは砕けない』に関しては、現在販売の取下げなどが行われているようです。

パクられた作者②みき氏

つきなが氏にパクられたとされる作者2人目は「みき(@wide_air)」さんです。

みきさん御本人はパクられたことに気付いておらず、つきなが氏の盗作疑惑が浮上した後に、pixiv経由で匿名でみきさんに連絡が行ったようです。

みきさんの10年前に書いたWEB小説『【双花】LIFE IS BEAUTIFUL』と、つきなが氏の『LIFE IS BEAUTIFUL』『エンドロールが流れるまでは』がどうやら盗作疑惑の作品のようです。

つきなが氏の『LIFE IS BEAUTIFUL』はみきさんの『【双花】LIFE IS BEAUTIFUL』と作品名までほぼ一緒で、内容も酷似しているようです。

みきさんはこれ以外にも、他の俳優パロディの作品もパクられているのでは?と指摘が上がっているようです。

つきなが氏はみきさんの作品を何作かパクっている疑惑が出ていますが、みきさんの作品のファンだったのでしょうか?

みきさんについては、つきなが氏から直接の謝罪は現時点では届いていないようです。

すでにつきなが氏の盗作疑惑の作品達は販売が取り下げられているようです。

みきさんは今回のパクられ疑惑について、「パクるくらいならやらなくていい趣味」とコメントを寄せています。

みきさんにもつきなが氏から、なんらかのコンタクトがあるといいです。

つきなが氏に対するネット民の反応は冷ややか

つきなが氏の今回の盗作疑惑について、ネット民からは冷ややかな反応が続々届いています。

とらのあなで販売していた作品のほとんどが盗作だったという指摘です。

内容はほぼ丸々コピーしていたようですが、ここまでコピーして堂々と販売しているのもすごいですね。

二次創作とは言えど、作者はその制作にとっても力を注いでいることは間違いありません。

それを丸々とパクるのは、やはりダメなことです。

コピーは創作ではないので、つきなが氏は創作を辞めるべきだとの強い指摘もありました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる