MENU

ジョコビッチ|なぜワクチンを打たない?理由はアレルギーか?!

ジョコビッチ|なぜワクチンを打たない?理由は反ワクチンか?!

プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手が、2022年1月にオーストラリアから入国拒否をされ話題になっています。

ジョコビッチ選手は2022年1月17日から始まる全豪オープンへ参加予定でしたが、オーストラリアからはコロナワクチン接種免除の書類不備を理由に、ビザが取り消されました。

このことから、ジョコビッチ選手はコロナワクチンを打っていないことが分かりますが、彼がコロナワクチンを打たない理由とは一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は

  • ノバク・ジョコビッチはなぜコロナワクチンを打たない?理由は?

以上のことについて調べていきたいと思います!

目次

なぜ?ジョコビッチがワクチンを拒否する理由

ノバク・ジョコビッチ選手がコロナワクチンを打たない理由は一体どんなものなのでしょうか?

一部報道によると、ノバク・ジョコビッチ選手は

  • コロナワクチンに対して懐疑的な見方をしている

と報道されていますので、それがワクチンを打たない最大の理由であると言えるでしょう。

ワクチンに懐疑的な見方を公言しているジョコビッチは、オーストラリア国外への退去命令に対して、裁判所に異議を申し立てており、10日に審理を控えている。

引用:AFPBBNews

ではなぜ、コロナワクチンに対して懐疑的なのでしょうか?

ワクチン拒否の理由①小麦アレルギーが影響?

ノバク・ジョコビッチ選手はアレルギー体質だと言われています。

2008年以降にスランプに陥っていますが、その原因がアレルギーによるものでした。

ジョコビッチのスランプ
  • 小麦と乳製品アレルギーによる不調

ジョコビッチ選手は「小麦・乳製品」のアレルギーによって、試合中に呼吸ができなくなるなどの不調に見舞われています。

若くして多くの成功を収めたジョコビッチだが、2008年の全豪オープン初制覇以降、スランプに陥った期間がある。
試合中に突然、呼吸ができなくなったり、倒れ込んでしまったりすることもあった。不調を来たした原因は「小麦」だった。ピザ屋を営む家庭で生まれ育った彼にとっては信じがたい事実だったが、アレルギーテストを行った結果、彼の体は小麦と乳製品に対して強い不耐症があることが判明した。

引用:アスリートの原点

小麦アレルギーが判明した後、ジョコビッチ選手は「グルテンフリー」の生活を開始し、食生活を改善しました。

その結果、彼のコンディションはみるみる回復し、テニス界の世界王者として活躍しています。

このように、ジョコビッチ選手はアレルギー体質のため、体内に摂取するものにかなり気を使っています。

日本国内でもアレルギー体質のために、ワクチンを接種できない人は大勢います。

ジョコビッチ選手もコロナワクチンに関しては、自ら進んで接種することを躊躇っていると考えられます。

ワクチン拒否の理由②体内に異物を取り入れたくない?!

アスリートは自らの身体が第一の資本になっています。

プロテニスプレーヤーであるノバク・ジョコビッチ選手も、自らの身体で多額の賞金を稼ぎ生計を立てている1人です。

そのため、

  • 大事な身体に異物を取り入れたくない…

そんな理由からワクチンを打たないのかも知れません。

ネット上でも、アスリートのワクチン未接種に関しては以下のような見解も見られます。

アスリートは当然身体が資本なわけです。 摂取するものにこだわる人は多いわけで そんな人たちが得体の知れない薬に抵抗があるのは自然なことです。

引用:Yahoo!知恵袋

ワクチン接種の副反応で選手生命を絶たれる可能性があるからです。

引用:Yahoo!知恵袋

コロナワクチンの副反応については、若年者の間で心筋炎の副反応が報告されるなど、まだまだ分からないことも多くあります。

そのためワクチンの副反応の可能性なども考えて、体内に取り入れたくないと判断した可能性もあります。

ジョコビッチに対するみんなの声

ここでノバク・ジョコビッチ選手の「オーストラリア入国拒否問題」についてのみんなの声をまとめてご紹介していきます。

ノバク・ジョコビッチ選手に対しては、好意的な意見から否定的な意見まで、さまざまな意見が寄せられています。

ジョコビッチがワクチン打たない理由 まとめ

今回はプロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手について、「なぜワクチンを打たないのか?」その理由について調べていきました。

  • ジョコビッチはコロナワクチンに懐疑的な見解を示している
  • 小麦アレルギーがあり、グルテンフリー生活をしている
  • 体内に取り入れる物にかなり気を遣っている

以上のことが分かりました。

身体が資本のアスリートですので、ワクチンを体内に入れるのに抵抗があったのでしょうか。

コロナワクチンについては様々な見解が示されていますが、ワクチン未接種については個人の意見が尊重されて欲しいものです。

ですが入国のルールについては、そのルールに従うべきとの意見も多く見られました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる