MENU

画像|氷川きよしのカミングアウト前後を比較!2019年に雑誌で独白!

画像|氷川きよしのカミングアウト前後を比較!2019年に雑誌で独白!

2022年末を最後に休業することを発表した、歌手の氷川きよしさん。

デビュー当時は男らしい外見で、演歌界の貴公子とも言われて人気を博していました。

ですが、氷川きよしさんがデビュー20周年を前にジェンダーレスのカミングアウトをし、その前後で見た目も大きく変わりました。

今回は氷川きよし(kiina・きいな)さんの見た目・容姿の変化をカミングアウト前後で徹底比較するとともに、いつ?カミングアウトしたのかについてもまとめていきます。

目次

【画像】氷川きよしのカミングアウト前後を比較

さっそくですが、氷川きよしさんのカミングアウト前後を時系列で見ていきましょう!

2000年 デビュー当時

氷川きよしさんは2000年2月2日にデビューしました。

その当時の画像がこちら

氷川きよし
画像引用元:インスタグラム

こちらはデビュー当時に事務所で撮られた写真です。

まだまだデビューしたての緊張感とぎこちなさが感じられる素敵な貴重な画像です。

2003年頃の氷川きよし

氷川きよしさんの大ヒット曲、ズンドコ節の頃です。

氷川きよし
画像引用元:コロンビア

当時の氷川きよしさんのイメージと言えば、この凛々しい眉に凛々しい目つきですよね。

とても力強くてたくさんのファンを魅了しました。

2015年頃の氷川きよし

デビューから15年を迎えた氷川きよしさんの画像がこちらです。

氷川きよし
画像引用元:日刊スポーツ

2015年頃には、まだ凛々しい眉毛も健在ですね。

2017年の氷川きよし

こちらは2017年12月の紅白歌合戦リハーサルの時の氷川きよしさんです。

氷川きよし
画像引用元:ザ・テレビジョン

カミングアウトの約2年前くらいになります。

短髪でまだまだ男らしさを感じる一枚です。

2018年の氷川きよし

続いて翌2018年紅白歌合戦に出場した時の氷川きよしさんです。

氷川きよし
画像引用元:まんたんウェブ

1年前より髪の毛も伸びて、眉毛が細くなり、化粧している様子も分かります。

2019年の氷川きよし

氷川きよしさんの見た目が大きく変わって話題になったのは2019年頃です。

氷川きよし
画像引用元:HUFFPOST

「アニサマ2019」に出演した氷川きよしさんは、1年前に比べて見た目が大きく変わりました。

髪はパーマがあてられ、アイメイクもバッチリとされています。

氷川きよし
画像引用元:HUFFPOST

さらにはマニキュアに網タイツ姿で、これまでの「演歌界の貴公子」というイメージからはガラリと変わっています。

これには驚いた人も多いのではないでしょうか?

ですが氷川きよしさんの表情はとってもいきいきと輝いているのが分かりますね!

本当の自分らしさを出せた、その喜びが全身から溢れていて、見ている方もなんだか応援したくなってしまいます。

2020年~現在の氷川きよし

本当の自分らしさを表現するようになった氷川きよしさんの2020年以降の画像がこちらです。

氷川きよしさんはカミングアウト後、インスタグラムで愛用のコスメも紹介するなど、本当にのびのびとしている様子が伝わってきます。

お肌も40代とは思えないほど綺麗ですし、普通に女の人からみても憧れるくらいの美肌です。

また体のプロポーションも素敵です。

本来の自分らしさを隠さなくて良くなったことで、氷川きよしさんは2022年現在、とっても輝いていることが分かりました!

氷川きよしが2019年に雑誌でカミングアウト!

氷川きよしさんはいつからカミングアウトしたのでしょうか?

調べてみたところ、氷川きよしさんは2019年12月19日の週刊新潮で、自身のジェンダーレスについてカミングアウトしています。

氷川きよしのカミングアウトの内容

風船

氷川きよしさんは週刊新潮の取材に対して、胸のうちに抱えていた思いを吐き出しています。

やっぱりデビューして20年経ったことが大きい。自分の中で、10年じゃまだ生意気だけど、20年でようやく歌手として成人を迎えたような感じがしてきて。これまでは、本当の自分を出さないように、出さないように生きてきた。女性っぽさとか透明感とか、美について自分は色々な見せ方を持っていても、出しちゃダメと思いながら、精一杯頑張ってきた。けれど、素直な気持ちを言わず生きてきたって思いも募って……。

引用元:週刊新潮

デビュー当時から、みんなの求める「氷川きよし」像を守るために、本当の自分を抑えることに努めていた氷川きよしさん。

ですがデビュー20周年を迎える前後から、人としてもっと表現の幅を広げたくなったと言います。

「男らしくして欲しい」に息苦しさを感じていた

苦しい

デビュー当時から演歌界の貴公子として高い人気を得ていた氷川きよしさん。

ですが演歌界ならではの「型にはまった様式美」や「男らしくあれ」という、世間からの求めに苦悩したと言います。

でも、世間が求める「氷川きよし」の姿とは違う。あくまで「演歌の王道」を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……。

<中略>

ーー年を追うごとに高まる演歌歌手としての評価が、生きる上での重圧として跳ね返ってきていた。だからこそ自分を解放したい。

引用元:週刊新潮

氷川きよしさんの表現方法について事務所と揉めている…

なんて報じられたこともありましたが、悩んでいた氷川きよしさんの背中押してくれたのは、事務所の社長だったのです。

【社長】きーちゃんらしく生きていった方がいいね

これまで築いた「演歌界の貴公子」のイメージが一気に崩れてしまうリスクがあるため、普通の事務所なら断られていたかもしれません。

ですが事務所の後押しもあり、ジェンダーレスな自分自身を素直に表現することに決めた氷川きよしさん。

現在は事務所の社長や、ファンの人達が理解して受け入れてくれたことで、すごく幸せだと述べています。

氷川きよし(kiina)に対する世間の反応

氷川きよしさんは「ファンが受け入れてくれた」と感謝していましたが、本当に良いファンに恵まれていたんですね!

カミングアウト後の氷川きよしさんは、日に日にキレイになっていっています。

演歌界のプリンスがカミングアウトしたことで、年配の方々のこれまでの古い価値観も一瞬で飛んでいったとか

それってかなりすごいことですよね!氷川きよしさんの影響力はすごいです!

氷川きよしさんはカミングアウト後、本当にキレイになりました。

このように世間の氷川きよしさんに対する反応は、良い反応が目立ちました!

最初は驚いた人も多かったですが、自分らしさを隠さないありのままの氷川きよしさんが受け入れられたことは、とても嬉しいことですね!

よかったらシェアしてね!
目次