衣類用の圧縮袋のメリットとデメリット!おすすめや正しい使い方を紹介

衣類用の圧縮袋のメリットとデメリット!おすすめや正しい使い方を紹介
\5と0のつく日はポイント4倍/

圧縮袋といえば、かさばる衣類をスッキリ片付けできそうと思いますよね。

でも衣類の圧縮袋のメリットやデメリットが気になって、使うことに悩んでしまったり、買おうかどうか悩んでしまいますよね。

この記事では圧縮袋を使った衣類の収納について、デメリットからメリットまで詳しくお話ししていきますね。

この記事で分かること
  • 衣類用圧縮袋のデメリットは、正しく収納しないと、シワができたり湿気がこもること。
  • 衣類用圧縮袋のメリットはスペースが有効活用できてホコリもつかず、持ち運びが便利なこと。
  • 衣類用の圧縮袋は収納スペースが少ない人や、旅行で荷物をコンパクトにしたい人におすすめ

それぞれ詳しく解説していきますね。

>>今イチバン売れている衣類用の圧縮袋を見てみる【楽天】

>>星4つ以上!衣類用の圧縮袋を見てみる【Amazon】

目次

衣類を圧縮袋でしまうデメリット

圧縮袋は便利な収納アイテムですが、適切な使い方を守らないと衣類を痛めてしまう可能性があります。

まずはNGなケースからチェックしておきましょう。

  • シワができる
  • 湿気がこもりカビの原因に
  • 長期間圧縮するとダメージの可能性
  • 色移りの可能性

まず1つ目として、圧縮袋に衣類を詰め込みすぎるとシワができやすくなります。

繊維に無理なストレスがかかり、形状が崩れる恐れもあります。

特にシルクなどデリケートな素材は圧縮袋の使用は控えたほうがいいでしょう。

2つ目に、通気性が悪いため、湿気がこもりやすくカビが生える可能性が考えられます。

ダニが繁殖して、アレルギー症状の原因にもなりかねません。

なるべく天気が良く、湿度の低い日にしまうようにするといいでしょう。

3つ目に、長期間強く圧縮したままにしておくと、生地が傷んだり変形したりする恐れがあります。

さらに色の違う衣類を一緒に入れていると、色移りして元の色を損ねてしまうこともあり得ます。

このように圧縮袋にはデメリットがつきものです。

NGなケースをしっかり理解した上で、賢く使いこなす必要があります。

衣類を圧縮袋でしまうメリット

デメリットもある圧縮袋ですが、上手に使用すればメリットもたくさんあります。

  • スペースを有効活用できる
  • ホコリがつきにくい
  • 持ち運びが楽になる

まず、圧縮袋の最大のメリットとして、スペースの有効活用があります。

圧縮すれば同じスペースでたくさんの衣類を収納できるので、狭い押し入れやクローゼットでも有効に空間を活用できます。

また、完全に密閉された状態なのでホコリがつきにくく、衣類を清潔に保つことができます。

旅行や引っ越しの際も、荷物が小さくまとまるので持ち運びが楽になります。

このように、圧縮袋を上手に使えば収納スペースを最大限活用できて、とても便利なのです。

一方で注意点やNGなケースもあるため、用途に合わせて賢く使い分ける必要があります。

頻繁に着る衣類は通気性のある収納ケースにするなど、それぞれの状況に合った収納方法を選びましょう。

長期保管や旅行のときなど、限られたシーンでのみ圧縮袋を利用する、というのが賢い使い方となります。

デメリットを理解した上で、メリットを最大限に活かせるよう上手に使いこなしていきましょう。

>>今イチバン売れている衣類用の圧縮袋を見てみる【楽天】

衣類用の圧縮袋をおすすめすしない人

  • デリケートな高級衣類を多く所有する人
  • 頻繁に着る衣類を収納する人
  • 湿気の多い地域や環境に住む人

シルクやウール、カシミヤなど、デリケートな繊維の高級衣類は圧縮袋に入れるとシワになりやすく、型崩れや素材を傷める恐れがあります。

また、よく着る衣類は通気性のある収納ケースを使った方が良いでしょう。圧縮袋は長期保管用が理想的です。

そして圧縮袋は通気性がよくないため、高温多湿の環境で長期間収納すると、カビや臭いの原因となる可能性があります。

衣類用の圧縮袋をおすすめする人

  • 収納スペースが限られている人
  • 旅行や引っ越しが多い人
  • 季節外の衣類を保管したい人

クローゼットや押し入れが狭い、1人暮らしの賃貸住宅など、収納スペースに余裕がない人は圧縮袋を活用すると便利です。

圧縮袋を使えば衣類をコンパクトにまとめられるので、旅行の際の荷物が軽くなったり、引っ越しの際に運びやすくなります。

防湿・防カビ効果の高い圧縮袋を選べば、オフシーズンの衣類を収納するのに圧縮袋は役立ちます

ホコリがつきにくく、カビの心配も少ないので長期保管に適しています。

このように、圧縮袋の使い勝手は個人の生活環境や衣類の種類によって変わってきます。

メリット・デメリットを十分に理解した上で、自分に合った収納方法を選ぶことが大切です。

>>星4つ以上!衣類用の圧縮袋を見てみる【Amazon】

衣類の圧縮袋の正しい使い方

圧縮袋は便利な収納グッズですが、使い方を誤るとかえって衣類を傷めてしまう可能性があります。

ここでは、圧縮袋を上手に活用するための正しい使い方と、NGなケースについてお話ししていきます。

  • 服を過剰に詰め込まない
  • 過度に圧縮しすぎない
  • 湿った状態の服は絶対に入れない

まず何より重要なのが、服を無理に詰め込みすぎないことです。

適度な余裕を持たせないと、繊維に無理な力がかかりシワができてしまいます。

特にリネンやウールなど、デリケートな天然素材の場合はさらに注意が必要です。圧縮すると生地が傷んだり、型崩れを起こしやすくなります。

次に気をつけたいのが、過度な圧縮です。取扱説明書の指示に従い、適切な圧縮の度合いを守りましょう。

強く空気を抜きすぎると、衣類に加わる圧力が高くなり、素材を傷めたり、シワの原因にもなります。

ジャケットなど、ラインのきれいさが大切な衣類は、なるべく圧縮は避けた方がいいです。

あとは湿った状態の衣類を絶対に入れないことです。

湿気があると、カビや雑菌が発生しやすくなります。

長期間そのまま密閉状態で放置すれば、臭いや色落ちなどのトラブルにもつながりかねません。

特に厚手の服は、内側が乾いていないことがよくあるので要注意。

必ず服が完全に乾燥していることを確かめてから、圧縮袋に収納するようにしましょう。

このように、正しい使い方さえ守れば、圧縮袋は収納スペースを有効活用できる優れものです。

反対に、NGなケースではかえって衣類を痛めてしまう可能性があります。

圧縮袋を活用する際は、服の種類や量、状態をよく見極めて、適切なタイミングと方法で使っていきましょう。

上手に使うことで、収納上手さがグンとアップすること間違いなしです!

>>今イチバン売れている衣類用の圧縮袋を見てみる【楽天】

>>星4つ以上!衣類用の圧縮袋を見てみる【Amazon】

圧縮袋でシワが付いてしまったときの対処法

圧縮袋は便利な収納グッズですが、詰め込みすぎるとシワができてしまうことがあります。せっかく上手にコンパクトにまとめても、シワだらけではがっかりですよね。

そんな時は、霧吹きとドライヤーを使った簡単な方法でシワを伸ばすことができます。

まずシワの目立つ部分を霧吹きで均等に湿らせます。そして熱風でドライヤーを当てながら、手でシワをなでつけるようにしてから乾かしていきます。

時間に余裕がある場合は、お風呂の湯気を利用するのも良い方法です。シャワーの霧を当ててしっかり湿らせた後、洋服をそのまま掛けておけば自然にシワが伸びていきます。

また、コードレス衣類スチーマーを使うのも効果的です。

高温のスチームを衣類に当てることで、繊維の奥までむらなく湿気を行き渡らせることができます。さらに、熱でシワがとれやすくなるので、手で軽く馴染ませるだけでキレイに伸びます。

シワの付きやすい素材の衣類は、圧縮袋に入れる前に、このようなシワ伸ばし加工をしておくと良いでしょう。

\あわせて読みたい/

まとめ

衣類の圧縮袋はクローゼットだけでなく、収納ベッドなどの寝室収納にもぴったり。スペースを有効活用できて便利なアイテムです。

旅行のときにも荷物をコンパクトにまとめられるので、とても重宝します。

省スペースでたっぷり収納できる分、詰め過ぎに注意する必要がありますが、しまいたい物に合わせて適切なサイズの圧縮袋を選べば賢く使いこなせますよ。

夏物と冬物、普段着と高級着、用途に応じて圧縮袋の種類を使い分けるなど、工夫しながら上手に活用していきましょう。

正しい収納術を心がけることで、いつもキレイな洋服で気分も新たに過ごせますよ。

>>今イチバン売れている衣類用の圧縮袋を見てみる【楽天】

>>星4つ以上!衣類用の圧縮袋を見てみる【Amazon】

よかったらシェアしてね!
目次